爆風の毘沙門で撃沈 2014年3月29日

今回はタケさんと二人だけで三浦半島毘沙門の地磯へ釣行。
この二人だけでの釣行は今年初?
前回はタケさんにお迎えに来ていただいたので今回はワシがお迎えにあがる。
三崎瀬戸の海況データを見ると、先日から水温上昇が持続していて良い感じ。
海苔の採取のため干潮合わせで8時にタケさんをお迎えに上がり三浦へと向かった。

  • 中潮(間口)
  • 干潮 09時40分 045cm / 22時04分 28cm
  • 満潮 03時48分 137cm / 15時48分 148cm
  • 水温:15.3度(三崎瀬戸)
爆風の毘沙門
爆風の毘沙門

毘沙門に到着して海を見ると、予想以上に波がある。
波は大歓迎なのだが歓迎できないのが爆風・・・
駐車スペースでは「チョッと風が強いな・・・」程度だったのだが、釣り座に到着すると風速は軽く10mは超えている感じ┓( ̄∇ ̄;)┏
数十分磯遊びをしたのだが、あまりにも風が強いので磯遊び所ではなくなってきたので、仕方なくコマセの準備を始める。
時刻は未だ11時前。ワシ等にしては珍しく午前中から竿を出すことにしたのだが・・・
釣り支度が整った頃に風は勢いを増し、表側は南西寄りの爆風で仕掛けを投入するも浮きが爆風で戻される始末( ̄□|!!
海はいかにもメジナが直ぐに口を使いそうな状態なのに、爆風で仕掛けをオイシイポイントに入れられない・・・
もどかしい。非常にもどかしい。
強風用に作った14グラムの自作浮きを思いっきりフルスイングしても爆風には敵わずポイントに届かない。
その上、時折吹く体感風速20m程の風に煽られ海に落ちそうになったりともう散々┓( ̄∇ ̄;)┏
タケさんの方も状況は同じようで、仕方なく表は諦め少しでも背風になる小磯で二人並んで竿を出すことにした。
しかしこの場所は水深が浅い場所なので、もう少し満ちないと勝負にならず。。。
14時近くまで頑張ってみたのだが風は更に風速を増し、この磯では勝負にならないと判断して大移動することにした。

しかしこの時刻にこの場所を移動するにはチョッとだけ勇気が要る。
しかも強風で波も立っているので、二人してビビリながら何とか無事に難関突破(笑)
第二ラウンド開催地で一息入れて・・・
って、いつもならこの時間にようやく釣り開始になる時刻なので何だか不思議な気分。
と言うより、第二ポイントに到着した時点で二人とも体力を使い果たしてたり・・・f^^;

で、その後二人して浮きが見えなくなるまで頑張ってみたのだが・・・
一度も浮きにアタリが出ることなく終了とした。
って、本当は半夜もやるつもりでオキアミとアミエビを購入してきたのだが、風は衰えを知らず終始爆風に嫌気が差し・・・
日中の海苔メジナのみで終了したのであった。

タケさん本当に今回は疲れたねぇ┓( ̄∇ ̄;)┏
ま、途中のハラハラ場所移動はきっと楽しい思い出として何時までも心に残るのだろうから、思いで作りって事でよいことにしましょうね♪(笑)
次回こそノッコミ爆釣といきませう!
では又宜しく~(^o^)/

【海苔メジナタックル】
竿 : ダイコー プロフィールド ARAGURE磯 1.25-50
リール : SHIMANO BB-X デスピナ 2500DXG
スプール : シマノ 夢屋 09 BB-X ファイアブラッド 2000DAスプール
道糸 : VARIVAS バーマックス磯 VLS(フロート) 2号 150m
浮き : 自作円錐浮き艶消しオレンジ5B
浮きクッション : 釣研(Tsuriken) 潮受ウキゴム M イエロー
からまん棒 : 釣研(Tsuriken) フカセからまん棒 イエロー
ハリス : クレハ シーガーACE 1.75号
ガンダマ : ヤマワ ゴム張ガン玉 B×3段打ち
針 : 5号
餌 : アオサ
コマセ : 砂+アオサ+配合餌少々(海苔メジナ用のコマセを参照してください)
仕掛け : 海苔メジナ釣り仕掛けを参照して下さい。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Optionally add an image (JPEG only)