駿河湾西浦沖でひとつテンヤ 2011年10月2日

前回の釣行で久し振りに船の釣りに目覚めたY子が、 また沼津沖で竿を出したいということで再び沼津へ
マイムスで餌を購入しながらロコさんに最近の状況を伺うと、前日の低気圧の影響で海況が変わったらしく、潮の流れが悪いらしい…
とは言え、時折ワラサクラスは回っているらしいとの事で、あまり期待せずに出船する事にした。

  • 中潮(江之浦)
  • 干潮 01時17分 40cm / 14時32分 82cm
  • 満潮 18時12分 178cm / 19時43分 132cm

沼津沖静浦沖は潮の様子が悪いとのことなので、まずは淡島周りで遊ぶ事にした。
Y子はビシ、ワシはひとつテンヤで始める。
魚探の反応はまずまず。
そしてなんと1投目!ひとつテンヤにいきなりのアタリ!
かなりの大きさらしく、ロッドは弓なりに!しかし…
アワセが甘かったのかすっぽ抜けてしまった(涙)
相変わらず沼津の海では大物に縁が無いらしい…
その後魚探には反応は有る物の、Y子の針には魚がかからず西浦沖に移動

ウリボウ西浦沖で竿を出していると、いつの間にやら船団に囲まれる…
チョッとやり辛いのでせんだんから少し離れた所で竿を出し、Y子がウリボウ、小鯵を数匹ゲット。
操船しながらの餌釣りが面倒なので、ワシはジグをセットしてジギングをして遊ぶ事に。
そしてまたしても1投目!メチャクチャパワフルな引きにまたしてもロッドが弓なり!
しかし…今度はPE2号が途中で切れてしまいまたしてもバラシ…
多分ラインの途中に傷が入っていたのかと…(ToT)
と言うわけで、この日の釣果はワシがエソを釣っただけで後は全てY子の獲物f^^;
沼津でもボートフィッシングは、どうも相性が悪い気がするのぉ…
ま、ポイントを全く知らずに動いた所でまともに釣れる訳無いか(苦笑)

さつまあげ釣ったウリボウは、小さいけど悔しいから刺し身にしたら、メチャクチャ脂が乗っていて美味しかった(笑)
で、釣り人に嫌われがちなエソは、さつま揚げにして見ましたわ。
これがまたメチャクチャ美味しくできましたわ♪
釣魚料理レシピデータベースエソのさつま揚げレシピに掲載しています。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Optionally add an image (JPEG only)