鹿島港でヒラマサのルアーフィッシング 2004年7月3日

WADAさんと、前週のリベンジに凝りもせず一路鹿島に。
潮は大潮、台風は反れたが多少はウネリが有るだろう事を予測し前回と同じポイントに入る事にした。

AM3:00ポイント入り口到着。
一人の餌釣り師が車の所に戻ってきたので挨拶を兼ねて状況をうかがう。

「良いウネリが入っているから今日は出るよ!」
と、幸先良い返事が返ってきた。
ポイントにはまだ誰も入っていないとの事。
その釣り師は、テトラ側でやるとの事なので場所がかぶらないポイントでやることを告げワシたちも準備をする。

大潮の満ち時間である事とウネリの影響で足場はかなり波が被る。
Mr.Wは右側、ワシが左側にキャストをする。

開始早々、Mr.Wになにやらヒット!
いきなり「ガツン!」と来てあっという間にフックアウト。

もしかして???
その直後、ワシにも同じように、「ガツン!」
そしてMr.Wと同じ道をたどる・・・

何だったのだぁ???
Mr.Wは、ジグヘッド、ワシはミノー(komomo)を使用していた。
しばらく辺りがなくなったのでシーケンシャルビルミノー13cmに交換。
その一投目、Mr.Wの技を盗もうとよそ見している隙にヒット&リリース。。。f^^;

「これはいかん(汗)」 と、今度はまじめにキャスト&リトリーブ。
と言うより、リトリーブした瞬間にヒット!
引きからして多分シーバス。RODを立てていたのでエラ洗い!
あわててRODを水中に突っ込む。。。

このときAM4:00を回っていただろうか、
堤防沿いにいけ好かない面持ちの餌師が二人歩いてくるのが目に入った。
そう思ったのがいけなかったのか、手前まで寄せた所でフックアウト・・・
50cm前後しかなかったと思われるが、もしかするとヒラスズキ?
そう思うと、一寸悔しい。。。

後ろを振り返ると、いけ好かない面持ちの餌師二人が案の定ズカズカと我が物顔で入ってきた。

そしてMr.Wに一言、「ルアーはあっち・・・」
海に突き落とそうかとも思ったが、Mr.Wが一言

「どうせあんな下等な人間に掛かる魚なんかいませんよ!」
その言葉に妙に納得しワシはそいつら二人を目で威嚇しながらテトラ側へ。

ヒラマサテトラ側には早朝話をした釣り人の竿が満月に!
玉網入れの助っ人に駆けつける!

JUN「大丈夫ですか?」
釣り人A「玉網頼む~!」

海はかなりウネリがあるので一人での玉網入れに苦戦中であった。
無事玉網に収まったのは、60cm弱のヒラマサ。

釣り人A「小さいけど助かったわぁ~!」
JUN「ルアーはあっちに行けと言われちゃいましたよ~、隣良いですか?」
釣り人A「又あいつらか!あの二人組みはいつもそうなんだよ!根性悪いんだよね~。。。」

どうやら有名人らしい。

釣り人A「さっきからアタリあるから入りなよ!そっちの方が足場がいいから!」

和田さんと、ご丁寧に、二人分の場所を譲っていただいた。
早速Mr.Wと二人でキャストを繰り返す。が、なかなか反応が無い。

釣り人Aさんに、再びマサがヒットしたが、食いが浅いらしくバラシ。
AM8:00を回った頃、いけ好かない常連二人は撤収。
アタリは全く無かった模様。

「ざまぁみろ!」心でそう呟いた(笑)

元いた場所が空いたのでそちらに再び移動。(実は、餌でシマダイを釣ろうと目論んでいたf^^;)
が、シマダイは掛かる様子も無い。
少しすると、Mr.Wが、小ナブラを発見!5cm程度のベイトを何かが追いかけているのが見える。
実はこの日、ワシは何が有っても良いようにと、渓流で使う小さなスプーンをポケットに忍ばせていた(笑)

ショゴ早速そいつを使うとアタックしてくる。。。
が、なかなか掛からない。

数回粘って、ようやくヒット!その正体は25cm程度のショゴであった。
とりあえずこれで少しはこのRODに魂が入ったのかな???f^^;

この後、再び、マナーの悪い地元餌師が入ってきた。
仕掛けを作るなり、ごみをさも当たり前のように海に投げ捨てる(怒#)
気分が悪いので、Mr.Wと相談し他へ移動する事にした。

JUN「全くここの地元民はマナーが最低だな!」
と、わざと聞こえるようにそいつをにらみながら言ったのだが、そいつは聞こえない振りをしている。

JUN「どうせ釣れやしねぇよ!」
もう一度ダメ出ししたらやっと気付いたのか、一旦こちらを見たが目を反らす。。。
自分でも悪い事をしている意識は有るらしい。
他人に言われて気付くなど、本当に恥ずかしい輩である。。。
この後場所移動したが、ベイトはいる物の釣れる気がしないので風呂に入って撤収した。

最近釣行記の最後が、必ず「愚痴」になっている気がする・・・
次回は「愚痴」の無い、楽しい釣行をしたいものである。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Optionally add an image (JPEG only)