ツェルトの撥水処理と簡単な設営方法

gs

RIPEN SLツェルト
RIPEN SLツェルト
台風が行ったら急に熱くなりましたねぇ・・・
本当は今日、久しぶりに釣りに行こうと思ってたのですが、暑すぎてやめましたf^^;
なので道具整理をしていたらかなり昔に購入したアライテントのツェルトが出てきたので撥水処理をしてやりました。
このツェルト、1~2人用で重さは300グラム強と軽く大きさも300ml缶よりちょっと大きい程度で嵩張らないのが良いです。
2回程ビバークで使用した程度なので状態も良く、まだまだ使えそうです。
岩手に渓流釣りに行く時にザックに入れて置く事にしましたw
まぁ最近ではY子と二人なので深い山奥まで行かなくなりましたが、備えあれば患いなしって事でww

RIPEN SLツェルトの現行品はRIPEN スーパーライトツェルトになり、重さも200グラム強とSLツェルトよりも100グラム程軽くなっていて、サイドを引っ張る事が出来るので居住空間も広くなります。
使用した撥水材はリバイベックスのウォータープルーフィングソークですが、現行品はウォッシュインウォーターリペレントになります。

ツェルトの撥水処理と簡単なツェルトの張り方zelt

20年ほど前に購入したアライテントのRIPEN SLツェルト(1~2人用)を、ReviveX(リバイベックス)のウォータープルーフィングソークで撥水処理してやりました。
ついでに簡単な設営の仕方と、アウトドアで役に立つロープの結び方【巻き結び】も収録しました。
不意なビバークやソロキャンなどには軽くて(300g程)役に立ちます




宜しければチャンネル登録お願いします♪
Youtubeで見る

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Optionally add an image (JPEG only)

gs